時事ネタ

波物語2021の主催者は韓国人or北朝鮮?アフターパーティーもヤバい

NAMIMONOGATARI(波物語)2021

愛知県国際展示場で開催された野外フェス「NAMIMONOGATARI(波物語)2021」がとんでもない波紋を引き起こして大炎上中です。

開催地から要請されていたコロナ禍でのルールをほぼスルーして、その抗議文にもノーリアクションなんだとか。

ネット上には波物語2021の映像や名古屋市内のアフターパーティーの様子まで露呈していますが、、ここまでやってしまう主催者とは誰なのでしょうか、、

調べてみると、名古屋に事務所を構える


波物語2021の主催者は韓国人or北朝鮮?

波物語2021の主催者は名古屋市のイベント会社

NAMIMONOGATARI(波物語)2021の主催者は、オフィスキーフという名古屋市に事務所を構える興業の企画・運営を中心に飲食や物販など手広く展開しているオーナー企業です。

波物語の主催は10年以上の常連で、HIP-HOPの野外イベントを熟知した人物でもあるようです。

波物語2011にも、Zeebraからの熱いメッセージがツイートされています。

一方、ひろゆきさんが今回の件についてこんなことをツイートしています。

「主催者がどういう会社で、誰なのか書かれません。 名前を呼んではいけないあの人が主催者なんですか?」とは、、かなり意味深なツイートです。


波物語2021の主催者は韓国人or北朝鮮?

そのオフィスキーフの代表者が社長の富永基煥(とみなが もとあき)社長で、これは日本名で、本名は鄭基煥(テイ キファン)氏になります。

つまり、在日の韓国人か朝鮮人ということですね。

こちらが富永基煥社長のツイッターアカウントですが、本名の鄭基煥で開設されています。

ちなみに、サムネイルはNAMIMONOGSTARIですね。

鄭基煥のツイッター

そして、こちらが富永基煥社長のインスタのアカウントです。

鄭基煥のインスタ

1978に続いて北朝鮮、韓国、日本の国旗があります。

1978が生まれ年だとすると、現在43歳になります。

鄭基煥のインスタ非公開

ちなみに、波物語2021で大炎上となり、インスタのアカウントは非公開にしたようです。

北朝鮮、韓国の国旗も消えてますね。

国籍が日本でないにしても、それが韓国なのか北朝鮮なのか、インスタの国旗だけでは判断できませんが、

北朝鮮とも何かしらのルーツや交流があるのでしょう。


波物語2021主催者のイベント会社がヤバい

波物語2021主催者のイベント会社

【会社概要】

  • 会社名:office keef株式会社 (オフィスキーフ)
  • 設立:2018年2月1日
  • 代表者:代表取締役 富永基煥
  • 所在地:名古屋市中区丸の内2-15-12 ザ・テラス丸の内503
オフィスキーフの航空写真

【主要事業】

オフィスキーフの事業内容 オフィスキーフの事業内容

【会社定款】

  • 各種イベント、ライブ、興行、セミナー、講演会の企画及び運営
  • 音楽、芸能に関するタレントの育成、管理、斡旋及び出演企画の受託業務
  • 飲食店の経営、企画及びコンサルティング業務
  • インターネットのホームページ、アプリケーションソフトウェアの企画、開発、製作、販売及び運営管理
  • 書籍、雑誌、その他印刷物、CD、DVD等電子出版物及び情報コンテンツの企画、編集、制作及び販売
  • 広告代理店業
  • 金融商品取引法に基づく金融商品取引業
  • 国内及び国外の不動産の売買、賃貸借、交換、分譲、所有、管理及びその仲介又は代理業務並びにコンサルティング業務
  • アパレル製品の企画、デザイン、製造、販売、輸出入及びコンサルティング業務
  • 清掃業に関する一切の事業
  • 建築業に関する一切の事業
  • 上記各号に附帯する一切の事業

かなり手広くやっていて、儲かりそうなことはやるといったアグレッシブさがうかがえます。

その割には、資本金や従業員数など、会社の実態がホームページにはほとんど公開されていませんね。


波物語2021主催者のイベント会社がなぜヤバいのか

金融商品取引法に基づく金融商品取引業まで会社定款に掲載していたりと、、ちょっと怖い感じも漂っていますね。

しかも、今回、アンチコロナ対策派のようなところが問題視されて炎上しているわけですが、ビジネスとしてはコロナ禍にうまく乗っていたようです。

オフィスキーフのコロナ禍ビジネス

コロナ対策のビジネスにも力をいれていたことから、開催地も愛知県国際展示展示場を貸してしまったのでしょうか。

一応、波物語2021の開催にあたり注意事項を公式サイトやツイターで発信していたようですが、、

実際には何もしていなかったことに驚きを隠せない多くの声があがっています。

その中でも、愛知県に緊急事態宣言が出されたことで主催者にチケットのキャンセル・払い戻しをお願いしたところ、頑なに却下されたという件が公開されています。

チケット購入時の愛知県には緊急事態宣言どころか、まんえん防止法も適用されていなかったので、事情がガラッと変わったので払い戻しをお願いしたようです。

しかも、そのやり取りのLINEも公開されていて、主催者の回答には『緊急事態宣言中でもイベントはやってもいいんですよー?ご存知ないんですか?』という、、

これって、主催者のオフィスキーフの鄭基煥(テイ キファン)氏、、

これから物議になりそうなテーマですね。


波物語2021のアフターパーティーもヤバい

波物語2021アフターパーティーのヤバい現場映像

そして、さらに酷かったのが、波物語2021のアフターパーティーとネット上で炎上しています。

これがアフターパーティーの現場の様子ですね。

現状というより惨状なのかもしれません。


波物語2021アフターパーティーの開催場所は

NAMIMONOGATARI(波物語)2021とアフターパーティー

この波物語2021のアフターパーティーが開催されたのが、『UTAGE NAGOYA』と『YABAI NAGOYA』の2店舗。

  • 店名:UTAGE
  • 住所:名古屋市中区錦3-6-15 たての街ビル3F
  • 電話番号:052-253-7881
  • 営業時間:21時〜5時

 

この投稿をInstagramで見る

 

UTAGE NAGOYA(@utage_nagoya)がシェアした投稿

  • 店名:YABAI NAGOYA
  • 住所:名古屋市中区栄3丁目8−22
  • 営業時間:0時-5時

 

この投稿をInstagramで見る

 

YABAI(@yabai_nagoya)がシェアした投稿

波物語2021のアフターパーティーの主催者も鄭基煥社長のオフィスキーフなのかは判明していません。

とはいえ、フェス参加者に出演者や関係者を集め、これだけの深夜イベントを主催できる人は限られてくるはずです。