芸能・エンタメ

馬淵優佳は中国人で国籍が日本!帰化した父親と母親、兄弟まとめ

水泳の飛込競技から引退して現在は二児の母親の馬淵優佳さん。

夫の瀬戸大也選手の不倫騒動に苛まれても敢えてメディアに登場するその気丈さ。

中国人のルーツを持つ馬淵優佳さんについて、帰化した父親と母親、兄弟と一緒にまとめてご紹介します。


馬淵優佳は中国人で国籍が日本とは

馬淵優佳の両親が日本に帰化した中国人

馬淵優佳と父の馬淵崇英元水泳の飛込競技選手で夫が競泳の瀬戸大也選手、そして二児の母の馬淵優佳さん。

馬淵優佳さんは出生も国籍も日本ですが、中国人といわれています。

それは、馬淵優佳さんの両親が日本に帰化して日本国籍を取得している元中国人だからです。

正確には日本人ということになりますが、血筋的に中国人ということでしょうか。

なので、馬淵優佳さんには中国語の名前はありません。

馬淵優佳のプロフィール

馬淵優佳
  • 名前:馬淵優佳(まぶちゆうか)
  • 本名:瀬戸優佳
  • 出生地:兵庫県宝塚市
  • 生年月日:1995年2月5日
  • 年齢:26歳
  • 身長:166cm
  • 学歴:立命館大学スポーツ健康科学部卒業
  • 所属:JSS宝塚スイミングスクール

JSS宝塚スイミングスクールのコーチで日本代表チームのヘッドコーチである父親の影響で3歳から水泳を始めて6歳から飛込競技へ。

インターハイの板飛び込みでの3連覇や東アジア大会での銅メダルなどの実績を残し、2017年5月24日に競泳の瀬戸大也選手と結婚して、その年の11月に現役を引退します。

現在は、長女と次女の母親として主婦をしながらテレビ出演などでも活動中。

2020年9月に発覚した夫の瀬戸大也選手の不倫騒動に晒されながら気丈に振舞いメディアへの出演にも応じています。


馬淵優佳の帰化した父親と母親、兄弟まとめ

馬淵優佳の父親は中国の飛込競技選手

父の馬淵崇英

馬淵優佳さんの父親は、中国の上海で生まれ育った中国人。

水泳の飛込競技で中国代表選手になることを目指していたそうです。

  • 日本名:馬淵崇英(まぶちすうえい)
  • 旧名:蘇薇(スー・ウェイ)
  • 出生地:中国 上海市
  • 生年月日:1963年10月20日
  • 年齢:57歳

19歳の時に競技選手の道を諦めて現役引退して指導者へ転向。

そして、1988年に来日し神戸国際大学経済学部に語学留学します。

すると、元オリンピック日本代表選手の馬淵かの子さんから誘われてJSS宝塚スイミングスクールのコーチとになり、ここから人生が大きく変わっていきます。

JSS宝塚で指導にあたった小学5年の寺内建選手を1996年のアトランタオリンピックの日本代表選手に育てあげ、1998年には日本に帰化してオリンピック日本代表のヘッドコーチに就任しています。

父の馬淵崇英と寺西建選手

祖国で開催された北京オリンピックにも日本代表ヘッドコーチとして参戦しています。

現在もジュニア選手の育成にあたっていて、次女の馬淵優佳さんも教子の1人。


馬淵優佳の母親は?兄弟(姉妹)が似てる

馬淵優佳

馬淵優佳さんの母親についての情報がほとんどありませんが、ネット上には、母親が同じ飛込競技選手の馬淵よしのさんだとする間違った情報があるようです。

馬淵よしのさんは、父親の馬淵崇英さんがお世話になった元オリンピック日本代表選手の馬淵かの子さんの娘さんで、現在は結婚されて湯浅よしのさん。

ちなみに、父親の馬淵崇英さんの姓は馬淵かのこさんから付けさせてもらったもの。

元オリンピック日本代表選手の馬淵かの子

そして、母親が中国出身だとする情報ソースは今のところ2つ。

1つは馬淵優佳さんのWikipediaで、もう1つは2020年9月24日に配信された『Record China』。

どちらも「両親は中国出身」と断定していて、特に後者は中国のウェイボーや中国のスポーツメディアの内容を引用しています。

馬淵優佳さんの兄弟(姉妹)は、姉と妹の三姉妹。

姉と馬淵優佳(左:姉、右:馬淵優佳さん)

妹と馬淵優佳(左:妹、右:馬淵優佳さん)

どちらも直ぐに姉妹だと分かるくらい似ていますね。

三姉妹が父親似かというと、そこまででもなさそうですが、、

父の馬淵崇英

今のところ、馬淵優佳さんの母親の画像はありませんが、馬淵優佳さんと姉と妹の画像から母親の姿が想像できるかもしれません。