スポーツ

宇野樹(宇野昌磨の弟)学校はどこ? 英語が得意で高校ホッケー選抜!

宇野樹 宇野昌磨

フィギアの宇野昌磨には双子のような(兄のような)弟の宇野樹がいます。

兄の宇野昌磨の通訳やサポートをしながら別の道を歩んでいる宇野昌磨の弟・宇野樹が通う学校はどこなのかまとめました。

さらに、宇野樹の学校生活や得意な英語、国体選手に選抜される高校ホッケー、キッズモデル・タレント活動のこともあわせて調べてみました。

宇野樹(宇野昌磨の弟)学校はどこ?

宇野樹(宇野昌磨の弟)プロフィールと近況

・生年:2002年1月8日(17歳)
・出身:名古屋市
・身長:165cm
・学校:名古屋国際高等学校 在学中
・所属:グランモデルズ(キッズモデル・タレント

オーナー企業(株式会社ウィード)の社長である父と母の裕福な家庭の次男(宇野昌磨の4歳差の弟)として誕生。

中学からフィールドホッケーに打ち込み、現在は愛知県の国体選抜選手にもなっている。

高等学校からは芸能事務所にも所属してモデル・タレント活動をは始めている。

兄の宇野昌磨と二人暮らしで通訳やサポートをしてきたが、2019年6月から実家に戻り大学受験の準備中

双子のような兄弟だが、兄・宇野昌磨のフィギアスケートとは別の道を歩んでいる。

兄・宇野昌磨
・生年:1997年12月17日(21歳)
・身長:158cm
・学校:中京大学 在学中
・所属:トヨタ自動車

宇野昌磨 宇野樹

宇野樹(宇野昌磨の弟)は名古屋国際高等学校の生徒会長

現在、名古屋国際高等学校の三年生、しかも生徒会長も務めています。

社交性があってリーダー的な存在からか、兄・宇野昌磨の弟というよりも、身長が7cm高いこともあってか双子のよう(兄のよう)にも見えます。

生徒会長に立候補した際にも、兄の宇野昌磨を広告塔にPR動画を自作すなどオープンな明るい性格で社交性の高さがうかがえます。

名古屋国際高等学校の学園祭にも兄の宇野昌磨がやってきたようですね。

飾らないツーショットがいいですね。

こんばんは、樹です
アイスが完売しました!
クラス全員で喜び、最後の学園祭が楽しい思い出になりました。
皆さん、有難うございました。

宇野樹(宇野昌磨の弟)高校の育成プランで英語が得意

兄の宇野昌磨の海外遠征の手配などにも通訳としてサポートしていたようですが、どこで英語力を身につけたのでしょうか。

宇野樹は中学から私立の中高一貫校(名古屋国際中学校と高等学校)に通っていますが、

名古屋国際高等学校の教育方針に「国際人の育成」が掲げられていて、ここのカリキュラムの中で英語力を身につけたそうです。

ちなみに、中学三年生のときにはオールトラリアに留学もしています。

ただ、兄の宇野昌磨の通訳といってもどの位のレベルなのでしょうか。

兄の宇野昌磨も英語はしっかり話せるそうです。

どうやら、英語力だけというよりも英語を使った調整力や交渉力から兄の宇野昌磨に必要とされているようです。

宇野樹 宇野昌磨
スポンサーリンク

宇野樹(宇野昌磨の弟)高校ホッケー選抜!

宇野樹(宇野昌磨の弟)高校ホッケー、国体選手選抜

中学入学のときにアイスリンクの個人競技ではなくてフィールドの団体競技になんとなく惹かれたようです。

そこで入ったのがフィールドホッケー部なんですね。

入った中学にホッケー部があったんです。最初はなんとなく興味を持って入りました。

スポーツはずっと氷の上で過ごしていたので、まずは陸上でのスポーツということが新鮮でした。

なんとなく入ったフィールドホッケーですが、そこから打ち込んでいって愛知県選抜メンバーや2016年には中日本のジュニアユース日本代表にも選出されました。

フォワードのポジションを務めている宇野樹が雑誌インタビューで「フィールドホッケーとサッカーの違いや特徴」を語っています。

サッカーと比べてFWの移動距離が長いのでスタミナ面で大変なんです。ホッケーは全員が守備をします。

しかも、相手ボールを奪ってカウンターのチャンスになると、オフサイドがないからFWは一気に相手ゴール前まで走っていくことを求められる。

サッカーはオフサイドラインを気にしながら動くじゃないですか。

宇野樹 フィールドホッケー

宇野樹がフィールドホッケーへの認識を改める契機があったようです。

それが、中学三年生の時に留学したオーストラリア・パースでの実体験とのことで、ここで日本との技術の違いを見せつけられたようですね。

ボールを止める動き、ボールを持っている相手の選手への詰めの速さ

基本の技術が全然、違いました。

世界ランキング上位国のオーストラリアにはフィールドホッケーが生活の中に溶け込んでいる文化があると、その環境の違いに驚いたそうです。

高校でもフィールドホッケーの愛知県選抜選手として国体に出場するなど、中学から本格的にずっと打ち込んできたとは驚きです。

こんにちは、樹です
国体予選が終わりました。初戦から強豪チームとの試合で力の差はありましたが、監督から良い試合だったと言われる内容でした
高校最後の夏休みが終わります。来週はフレンズに同行してきます

現在、高等学校三年生ですが、卒業後もフィールドホッケー部のある大学に入りプレーしようと大学受験の準備に励んでいるようです。

宇野樹(宇野昌磨の弟)が見た日本代表「さくらジャパン」

フィールドホッケー競技が広く知られるには2020年の東京五輪での日本代表チーム「さくらジャパン」の活躍に期待!ということで、取材を兼ねた日本代表チームの練習を見学しています。

さくらジャパンの試合を見に行ったことがあるんです。

宇野樹 代表練習見学

もうボールを止めることをはじめ、代表の選手は技術1つひとつのレベルがぜんぜん違いました。

上手かったです。それにホッケーをこれまでやってきて感じたのは、ホッケーで強いチームは個人技が上手い選手が何人もいるということより、連携ができているチームだということ。

そういう意味でも日本チームには可能性を感じました。

だからこそ、来年の大舞台では、ホッケーをたくさんの人に知ってもらえるような、そんな試合をしてほしいです。

宇野樹 さくらジャパン
スポンサーリンク

宇野樹(宇野昌磨の弟)キッズモデル・タレント活動

キッズモデル事務所から芸能界入り

宇野樹が所属する芸能事務所「グランモデルズ」は、0歳児から高校生までのキッズモデルの育成兼マネジメントを行う名古屋を拠点とする会社です。

スカウトでも推薦でもなく、積極的で社交性が高い宇野樹が自ら申し込んだようです。

宇野樹 モデル

キッズモデルからタレント活動へ

●モデル『ベネッセ「進研ゼミ 中学講座、中高一貫講座」』
●モデル『津田学園中学校・高等学校のパンフレット』
●テレビ出演『炎の体育会TV(新ホッケー100秒チャレンジ)』『スッキリ』『ザ・世界仰天ニュース』『ZIP』『有吉ゼミ』など

フィールドホッケーにも打ち込んできた学校生活を送りながら兄の宇野昌磨の影響もあって、学生モデル、出版、取材、メディアへの出演も増えていましたが、

自分からもTwitterで宇野樹と兄の宇野昌磨のことを発信するなど凄く積極的です。

しかも、直近では大学受験を控える多忙な時期だとは思いますが。

若くしてマルチにこなす宇野昌磨の弟・宇野樹ですが、発信するTwitterのアカウントはフォロワー3万7千人の「自由人@jumokuno0108」という、

あえて自由人というのが興味深いですね。