エンタメ

藤井聡太は足が速い!運動神経がよくて体育が好き、体力・持久力は?

藤井聡太

最速で二冠、新王位、八段昇格を果たした藤井聡太さん。

独特な物腰とその風貌からイメージしづらい藤井聡太さんの足の速さが今注目されています。

幼い頃から活発で、運動神経が良くて体育が好き、足がとてつもなく速いという藤井聡太さんについてまとめてみました。

藤井聡太は足が速い!

藤井聡太の足の速さが明らかに

藤井聡太と張本智和

2017年6月配信の日刊スポーツ『藤井聡太のプロフィール』

藤井聡太さんが14歳の中学3年生で29連勝の歴代最多連勝記録を達成したときのこと。

日刊スポーツから、2017年6月26日に配信された記事『藤井聡太プロフィール』の中に「藤井聡太の好物は地元名物みそ煮込みうどん」と並んで「陸上が得意で50メートル走自己ベストは6.8秒」という驚くべき情報がさらっと盛り込まれています。

当時はあまり注目されず、この情報はあまり広がっていかなかったようです。

藤井聡太(ふじい・そうた)2002年7月19日、愛知県瀬戸市生まれ。

5歳の時、祖父母宅で将棋に触れ、地元の将棋教室に通い始める。

小1でアマ初段。

日本将棋連盟東海本部の東海研修会に入会。

2012年9月に杉本昌隆7段門下でプロ棋士養成機関の奨励会。

2015年3月の詰将棋解答選手権で最年少優勝(当時12歳)。

2016年10月に史上最年少14歳2ヶ月で4段になり、中学生としては史上5人目のプロ入り。

デビュー戦では、それまでプロ最年少記録(14歳7ヶ月)を保持していた加藤一二三9段を下した。

藤井聡太

家族は父母と兄の4人暮らし。

好物は地元名物みそ煮込みうどん。

陸上が得意で50メートル走自己ベストは6秒8。

名古屋大学教育学部付属中3年生。

(引用:日刊スポーツ2017年6月26日)

2018年3月放送の日本テレビ『成功の遺伝史』

そして、2018年3月5日に放送された日本テレビ『成功の遺伝史』で藤井聡太さんの足が速いことが地上波で明らかにされました。

番組に出演した卓球の張本智和選手(当時14歳)が、自分の成功の遺伝史は藤井聡太さんだと公表し、対談したときのオーラが凄かったと語っています。

そして、さらに驚かされたのが、足の速さには自信があった張本智和選手より藤井聡太さんの方が速かったこと

50m走が、張本智和選手7.1秒で、藤井聡太さん6.8秒。

張本智和

VTRを観ていた番組出演者も「藤井聡太の足が速い」という事実に衝撃を受けていましたが、

それくらい藤井聡太さんのイメージは運動神経とは結びつかないもの、、

足がアスリートよりも速かったなんて、実際に見てみないと信じられないくらいです。

藤井聡太の足が速いレベルは

藤井聡太と張本智和藤井聡太さんの中学3年生のときの50m走の記録が6.8秒

全国中学生の50m走の平均から比べても藤井聡太さんが圧倒的に足が速いことが分かります。

運動部所属の中学3年の男子の平均タイムは7.42秒

しかも、体育会に所属する大学生よりも藤井聡太さんは足が速かったわけです。

【50m走の全国男女別・年齢別平均タイム】

  • 男子中学生
中学生50m走平均記録
  • 男子大学生
大学生50m走平均記録

  RUNNAL編集部)

藤井聡太さんの50m走のタイムはサッカーの本田圭佑選手と同じというツイート。

藤井聡太の足の速さに世間の反応は

藤井聡太

2020年8月20日、二冠、新王位、八段昇格となった藤井聡太さん。

2018年3月にも足の速さが話題になりましたが、今度は、藤井聡太さんへの注目度がさらアップしています。

藤井聡太さんの風貌から足の速さはイメージしづらく、どれも驚きのツイートです。

藤井聡太は運動神経が良くて体育が好き

藤井聡太の幼少期の運動神経は

藤井聡太の幼少期藤井聡太さんの恩師で『ふみもと子供将棋教室』を運営する文本力雄さんが藤井聡太さんの幼少期を振り返り語っています。

藤井聡太さんが当時通っていた教室には7~8人の子供たちがいて、その中でも藤井聡太さんはかなり活発な少年だったようです。

実は運動神経もよくて、性格も活発なタイプでした。

毎春行っていた“お花見将棋”で、河原の広場でかけっこをしたときは、いちばん体も小さいのに、年上の子より弾丸みたいに速かったですね。

将棋の授業後には、みんなと一緒にトランプもよくやっていました。

教室の最後は毎回、私が作った坂本九さんの『明日があるさ』の替え歌をみんなで合唱するのが恒例で、必ずいちばん前列の真ん中にいて大きな声で一所懸命、歌っていたのも聡太くんでした。

その合唱の後、プロレスごっこが始まることもあった。

聡太くんがいちばん年下なので、やられるかと思ったらとんでもない!

年上の子とも対等にプロレスをやっていました。さすがに4歳年上の子には負けていましたが、それでも向かっていってました。

(引用:2020年7月9日女性自身)

藤井聡太の小学時代の運動神経は

藤井聡太の小学時代

藤井聡太さんの小学校は愛知県の瀬戸市立效範(こうはん)小学校

2009年4月に入学すると、棋士養成機関の東海研修会に入会して、小学3年の時に全国大会で小学低学年の部で優勝し、小学4年生で奨励会に入り。

将棋漬けの毎日だったわけですが、運動神経が凄く良くて活発な少年で、

自宅の前にあるクロガネモチの大きな木に登ることが好きで、そこが遊び場になっていたそうです。

家庭訪問の日にも木の高いところまで登って嬉しそうに先生の姿を待っていたのだとか。

今の藤井聡太さんとは大分イメージが違います。

井口亮一郎先生

小学6年のクラスの担任だった井口亮一郎先生が藤井聡太さんの足が速かったエピソードを語っています。

給食もよく食べていました。”勝負メシ”が出てくると、見てしまうんですけど。

足がクラスで一番速かったです。50m計った時に、サッカー部の子が聡太に負けてすごく悔しがっていました。

藤井聡太の中学時代の運動神経は

藤井聡太の中学時代

藤井聡太さんの中学校は名古屋大学教育学部附属中学校。

ちなみに、高校も名古屋大学教育学部附属高等学校の普通科で偏差値は61。

2017年年10月8日に放送された『NHKスペシャル・天才棋士15歳の苦闘』で藤井聡太さんが独占密着がありました。

  • 好きな科目は数学と体育
  • 学校の成績は中の上くらい
  • 体力測定では学年3位になったこともある

ここでも、藤井聡太さんの中学時代、運動神経が抜群だったと紹介されています。

名古屋大教育学部付属高校の教員からは「電車が好き」「足が速い」、担任だった大羽徹先生からは「謙虚で礼儀正しく冷静」というコメントがありました。


藤井聡太の体力・持久力は?

藤井聡太が東京五輪の聖火ランナー、体力・持久力は

藤井聡太の聖火ランナーコース

コロナ禍から『東京オリンピック2020』は1年延期となりましたが、藤井聡太さんは2020の聖火ランナーに選ばれていました。

故郷の愛知県瀬戸市が聖火リレーコースの愛知県の出発地となり、これは藤井聡太さんの聖火ランナー選出の影響なのでしょうか。

一般的に、藤井聡太さんには「ランナー」というイメージはありませんから、体力や持久力を心配する声もあがりました。

聖火ランナーに選ばれた藤井聡太さんからの前向きなコメントがこちら。

瀬戸市で暮らしながらプロ棋士として対局を重ねる私にとって、地元の方々のご声援、ご支援はありがたく、大きな力となっております。

今回、いつも応援してくださる地元の皆さまに笑顔が届けられるよう、聖火ランナーの一員として自分らしく精一杯走りたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp)

藤井聡太の体力について子供記者から質問

藤井聡太

勝てば史上最年少ダブルタイトルで八段昇段という局面を前に、2020年8月18日の記者会見がありました。

会見に参加していた「子供記者」から面白い質問がありました。

子供記者:

藤井棋聖は走るのが早いと記事で読みましたが、長い対局のための体力作りや、何か気を付けていることなどはありますか?

藤井棋聖:

あ、はい、そうですね。昔は短距離走が得意だったんですけど、長距離のほうは全然ダメでなかなか対局に向けてはやはり持久走のほうを鍛えなければならないのかなと思っています。

運動神経が抜群で、体育会の大学生よりも足が速かった藤井聡太さん。

ところが、長距離走は全然ダメだったということですが、長丁場の対局のために持久力を鍛えなければと思っていただなんて、、

藤井聡太八段&二冠&新王位の対局は今のところ短距離走なのかもしれません。