エンタメ

沢尻エリカ「麒麟がくる」帰蝶(濃姫)の代役は!? 巨額賠償も!?

沢尻エリカ-2

2020年大河ドラマ初出演のはずだった沢尻エリカが麻薬取締法違反の疑いで逮捕。
NHKの力の入れようがわかるキャスト陣の久々の大作が大河ドラマ「麒麟がくる」。
沢尻エリカを織田信長と政略結婚する正妻・帰蝶(濃姫)役のメインキャストに抜擢し、撮影も6月から始まりかなり進んだ中で、、、前作に続く大きな受難。
何れにせよ代役は誰にするのか!? 沢尻エリカに巨額の損害賠償も!?

沢尻エリカ「麒麟がくる」帰蝶(濃姫)の代役は!?

沢尻エリカが演じる「麒麟がくる」帰蝶(濃姫)

帰蝶(濃姫)きちょう(のうひめ)

● 斎藤道三(本木雅弘)の娘で、母は正妻・小見の方

● 明智光秀(長谷川博己)と姻戚関係があり、幼い頃からの付き合い

● 政略結婚で、後に織田信長(染谷将太)の正妻となる

沢尻エリカ-3

この「麒麟がくる」メインキャストでもある帰蝶(濃姫)役へ沢尻エリカの抜擢には妖艶さも。

自身も大河ドラマ初出演に意気込みを見せていたはずが、、

同じく、この大河ドラマ初出演の岡村隆史/ナインティナインが、ラジオ番組で撮影現場の裏側を語る中で、
「沢尻エリカとか見てられんかった。もともと農民の役やから、下向いてなきゃならないんだけど、すごいの。なかなかのシーンなの」
と驚きを表していた。

NHK 2020年大河ドラマ制作会見

大河新時代

記念すべき2回目の東京オリンピックが行われる2020年──21世紀の日本にとって大きな節目を迎える年です。

そのメモリアル・イヤーに、大河ドラマで最も人気の高い「戦国時代」をはじめて4Kでフル撮影、従来とはまったく異なる新しい解釈で英雄たちを描く、まさしく「大河新時代」の幕開けともいえる作品が第59作「麒麟がくる」です。

「麒麟がくる」は、大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑たちが天下を狙って、命をかけ愛をかけ戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」です。

脚本は、第29作「太平記」を手がけた池端俊策のオリジナル。

大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた前半生に光があてられます。

物語は、1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」であった時代から始まり、丹念にそれぞれの誕生を描いていきます。

若き明智光秀、織田信長、斎藤道三、今川義元、そして秀吉が、家康が、所狭しと駆け巡る…
「麒麟がくる」──新たな時代の大河ドラマの始まりです。

NHK_PR

麒麟がくる制作発表

企画意図

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟(きりん)

応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか…そして、麒麟はいつ、来るのか?

若き頃、下剋上(げこくじょう)の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として 勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。

「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。

従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。

麒麟がくる

「大河新時代」= 最新の研究と新解釈を反映した人物像。

「麒麟がくる」では最新の研究で新たなアプローチがなされ始めている英傑たちの姿を、従来のイメージを覆す新しいキャラクター像として、描いていきます。

私怨により本能寺で信長を討った謀反人のイメージを覆す、勇猛果敢かつ理知的な天才・明智光秀。史料がほとんど残っていない20代の青春時代から描写していきます。

また、革新的な魔王のイメージが強い光秀の主君・織田信長を、最近の研究で見直されている保守的かつ中世的な側面も強調、父・信秀から実直に受け継いだ財政面、経営面での才覚も描いていきます。

さらに親子二代で美濃をのっとったという説に基づく斎藤道三、反織田勢力を自由自在に操り、室町幕府の再興をなそうとする権謀術数にたけた第15代将軍・足利義昭、ほかにも若く野心にあふれる細川藤孝、松永久秀、今川義元など、一癖もふた癖もある群雄たちが、戦国時代を舞台に、縦横無尽に活躍します。

明智光秀とはいったい何者なのか?
麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか…
物語は、本能寺へと向かいます…

NHK_PR

帰蝶(濃姫)沢尻エリカの代役を予想!?

大河ドラマ経験者

松岡茉優(24歳)
二階堂ふみ(25歳)
のん(26歳)
黒木華(29歳)
菜々緒(31歳)
井上真央(32歳)主演
石原さとみ(32歳)
長澤まさみ(32歳)
上野樹里(33歳)主演
宮崎あおい(33歳)主演
綾瀬はるか(34歳)主演
橋本マナミ(35歳)
深田恭子(37歳)
柴咲コウ(38歳)主演
安達祐実(38歳)
広末涼子(39歳)
松たか子(42歳)

かつ、年齢は20代後半から30代後半

黒木華(29歳)
菜々緒(31歳)
井上真央(32歳)主演
石原さとみ(32歳)
長澤まさみ(32歳)
上野樹里(33歳)主演
宮崎あおい(33歳)主演
綾瀬はるか(34歳)主演
橋本マナミ(35歳)
深田恭子(37歳)
柴咲コウ(38歳)主演
安達祐実(38歳)
広末涼子(39歳)

かつ、妖艶な外見と演技

菜々緒(31歳)
井上真央(32歳)主演
石原さとみ(32歳)
長澤まさみ(32歳)
上野樹里(33歳)主演
橋本マナミ(35歳)
深田恭子(37歳)
柴咲コウ(38歳)主演
安達祐実(38歳)

かつ、大河ドラマ主演級を除く

菜々緒(31歳)

菜々緒

長澤まさみ(32歳)

長澤まさみ
橋本マナミ(35歳)

橋本マナミ
深田恭子(37歳)

深田恭子
安達祐実(38歳)

安達祐実
スポンサーリンク

沢尻エリカに巨額の損害賠償も!?

前作(現在)大河ドラマで超脇役であったピエール瀧の事件でさえ損害賠償額は大きなものとなった。

脇役とはいえ、主役の明智光秀の幼馴染みで、織田信長の正妻・帰蝶(濃姫)役の沢尻エリカ。

6月から撮影がスタートしており、2020年の放送開始まであとわずか。

大河ドラマの大掛かりなセットや構成の中で帰蝶(濃姫)役を再撮影するには、物理的にも財政的にも莫大なロス。

かつては悪評が多かったが、それも徐々に薄れて最近では、CM「Indeeed」「P&Gレノアハピネス、ナチュラルフレグランス」、ドラマ、モデル・雑誌、TV出演などと、独自の妖艶なキャラクターで好感度を上げていたところ。

【参考情報】逮捕や不祥事による芸能人の契約違約金含む損害賠償金額
(※ネット情報レベルのものでエビデンスなし)

新井浩文、ピエール瀧:10億円以上
酒井法子、小出恵介、山口達也、ベッキー、黒木メイサ、武井咲:5億円以上

これを参考にすると、沢尻エリカの最近の広範な活動を考えると同様に莫大な損害賠償金額になることが想像できる。

しかも、所属事務所は沢尻エリカの個人事務所であり、財政的支援による猶予すら得られないのでは。

NHK制作サイドも大ダメージ負いながら挽回できるのか、2020年新時代の大河ドラマ放送まであとわずか。

片瀬那奈 水原希子
涙の片瀬那奈と水原希子も沢尻関連で風評被害!? 沢尻会も対象!?次のターゲットはKとMでは!? といわれていますが、何故そのようにいわれているのか!? これ迄の報道やネット情報、噂話なども含めまとめを...