アスリート

八村塁の弟(八村阿蓮)は東海大学で日本代表候補?wikiプロフィール

NBAプレーヤー八村塁選手が日本代表として頼もしい活躍を見せていますね。

そして、その背中を追っているのが八村塁選手の弟・八村阿蓮選手(21歳)。

東海大学の4年生で日本代表候補の可能性を密かに期待されていた選手です。

そこで、八村塁選手の弟・八村阿蓮選手ついて、東海大学での実績や日本代表候補を争っていたライバルなど、wikiプロフィールとあわせてご紹介します。


八村塁の弟(八村阿蓮)の東海大学での実績と実力

八村阿蓮の東海大学での実績

八村阿蓮

八村阿蓮選手が進んだ東海大学のバスケットボール部「シーガルブルー」は、全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)で常に優勝候補にあがる名門です。

一方、2013年の優勝した以降はなかなかそれを果たせずにいた中で、注目の八村塁選手の弟・八村阿蓮選手が入ってきたわけです。

ところが、最初の大会、大学バスケットボール関東選手権大会でベスト4という結果に終わってしまいまいた。

兄の八村塁選手のようにアメリカの大学でプレーする選択もありましたが、日本に留まり東海大学で1年からスタメン出場する道を選んだのですが、、

八村阿蓮

大学バスケットボール関東選手権大会の後、テレビ「ミライモンスター」に出演した八村阿蓮選手が「兄の八村塁選手に追いつけますか」とた酷な質問をされていて、こう答えています。

八村阿蓮
八村阿蓮
NBAは難しいかもしれませんが、日本代表で一緒に戦うことはできます、、

真面目な性格なのか、控え目な性格なのか、、

ところが、ちゃんと実績をあげていたのです。

全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)の成績がこちらです。

  • 2018年:優勝
  • 2019年:ベスト8(準々決勝で優勝した専修大学に3点差で敗戦)
  • 2020年:優勝

そして、八村阿蓮は、2020年のインカレ優勝に貢献したとして優秀選手賞も受賞しています。

さらに、2020年12月からバスケットボールBリーグ1部のサンロッカーズ渋谷の特別指定選手にも選ばれています。

特別指定選手

全日本大学バスケットボール連盟と全国高等学校体育連盟に加盟するチームの16歳から22歳までを対象に、Bリーグの各クラブから特別指定で登録された選手。

各クラブの選手登録枠13名とは別に2名までを特別指定でき、その契約期間は1シーズンにつき3ヶ月まで。


八村阿蓮の控え目な性格と実力

実は、兄の八村塁選手を追って海外の大学に行くことも考えて、当時、米国ワシントン州のゴンザガ大学へ見学に行ったことがあるのです。

兄の八村塁選手と同じ明成高校に入ったものの、同じようなプレーができずに悩んだ時期もあったのでしょうか、こんなことを告白しています。

八村阿蓮
八村阿蓮
いやぁ、、自分は本当に下手だったので、下級生の頃はそういう考えはありえませんでした。

塁は高3年の1年間をかけて勉強でも準備をしていたので、勉強のことを思うと、高2の頃には進路を決めたほうがいいですよね。

そう考えると、自分が高2の時に海外でプレーすることは全く想像できませんでした。

八村兄弟

兄・八村塁選手と同じ明成高校に入学し、最初のころは思うようにプレーができなかったことを明かしています。

八村阿蓮
八村阿蓮
塁を追いかけて明成に入ったんですけど、入った頃の自分はとても日本一になるとか考えられなくて、ただ塁の背中を追っていて、それで何とか練習についていけた感じでした。

2年生になって主力になったけど、頼りなくてチームメートに迷惑ばかりかけてきました。

そんな消極的だった自分を(佐藤)久夫先生が「阿蓮は塁にはない良さがある」と言って、あきらめないで教えてくれたので、3年生になって強気のプレーができるようになったんだと思います。

もともと消極的で控え目な性格だった八村阿蓮選手ですが、明成高校時代の3年間で全国高校バスケットボール選手権大会で2度も優勝を果たしています。

八村塁選手が卒業してから、この大会でベスト4にも入らなくなっていたところから復活できたのです。

八村阿蓮選手は、ちゃんと実力を兼ね備えたプレーヤーに成長しています。

中学時代から消極的で控え目な性格だった八村阿蓮選手に「本気でやるなら明成高校にいくべき」と背中を押してくれたのが兄の八村塁選手だったのです。


八村塁の弟(八村阿蓮)が日本代表候補?ライバルは

東海大学での実績をかわれてBリーグの特別指定選手にもなり、密かに日本代表候補への期待も膨らんでいたようです。

もしこれが実現すると、兄弟そろって日本代表という快挙だったわけですが、、

大学日本一のパワーフォワードに成長した八村阿蓮選手ですが、日本代表候補となると強力なライバルが存在しています。

新たな代表候補・超新星を探してしていたのが日本代表ヘッドコーチのフリオ・ラマス氏です。

日本代表候補のライバル:渡邉飛勇

渡邉飛勇
  • 名前:渡邊飛勇(わたなべひゅう)
  • 本名:Hugh Hogland Watanabe
  • 生年月日:2002年5月4日
  • 年齢:19歳
  • 出身:アメリカ合衆国ハワイ州
  • 身長:207cm
  • 学校:ポートランド大学 卒
  • 所属:琉球ゴールデンキングス
  • ポジション:パワーフォワード

父親が米国人で母親が東京出身の日本人のハーフ。

高校時代はバレーボールもやっていて、身長207cmで垂直跳び82.5cmという運動能力。

渡邉飛勇

ポートランド大学でプレーしていた渡邊飛勇選手を発見した日本代表ヘッドコーチ(フリオ・ラマス)が現地視察して、日本代表候補にリスト入りしたという新星です。

そして、東京五輪の日本代表メンバーにも選ばれています。

ポジションは八村塁選手と同じパワーフォワードで、これは、弟の八村阿蓮選手と同じポジションになります。

渡邊飛勇選手は、まさに八村阿蓮選手のライバルだったわけですね。

渡邉飛勇
バスケ渡辺飛勇の読み方と本名は?ハーフで出身や両親の国籍も紹介八村塁選手と同じパワーフォワードで東京五輪バスケ日本代表に選ばれた渡辺飛勇選手。 身長207cmは代表メンバー最高で、面長ファイス...

日本代表候補のライバル:田中力

  • 名前:田中力
  • 生年月日:2002年5月4日
  • 年齢:19歳
  • 出身:神奈川県横須賀市
  • 身長:188cm
  • 学校:IMG Academy、Veritas Prep Academy
  • ポジション:ポイントガード

父親が米国人で母親が日本人のハーフ。

出生は日本ですが、2歳から7歳まで米国で暮らし、その後、日本に戻って中学を卒業すると、バスケットボールに打ち込むために再び米国で修行します。

田中力

日本代表ヘッドコーチ(フリオ・ラマス)の強い希望から、FIBAの日本代表U15、U16でも活躍していて、中学3年のときにFIBAワールドカップW杯2019アジア地区1次予選で日本代表予備メンバーとして登録されています。

現在、米国のVeritas Prep AcademyでNBAを目指していますが、東京五輪の日本代表メンバーには招集されませんでした。

まだ19歳ですから、これからの超新星ですね。


2019年と2021年の日本代表メンバー

 

ポジション 2019年日本代表 2021年日本代表
PG 安藤誓哉
27歳/183cm
田中大貴
29歳/192cm
PG 篠山竜青
31歳/180cm
富樫勇樹
27歳/167cm
PG ベンドラメ礼生
27歳/186cm
SG 比江島慎
29歳/193cm
比江島慎
30歳/191cm
SG 安藤周人
25歳/192cm
金丸晃輔
32歳/192cm
SG 田中大貴
27歳/194cm
SF 渡邊雄太
24歳/208cm
渡邊雄太
26歳/206cm
SF 馬場雄大
23歳/198cm
馬場雄大
25歳/198cm
SF 張本天傑
29歳/198cm
PF 八村塁
21歳/205cm
八村塁
23歳/203cm
PF 竹内公輔
34歳/209cm
渡邉飛勇
22歳/207cm
PF 竹内譲次
34歳/209cm
C ニック・ファジーカス
34歳/211cm
ギャビン・エドワーズ
33歳/206cm
C シェーファーアヴィ幸樹
21歳/208cm
シェーファーアヴィ幸樹
23歳/206cm

(日本代表新規加入メンバー)

13年ぶりにバスケットボールワールドカップに出場した2019年の日本代表メンバー。

当時のFIBAランキングは48位。

NBAプレーヤー八村塁選手も日本代表メンバーに合流し、最強メンバーと期待されましたが、1次ラウンドで5戦全敗に終わり、32か国中で31位という結果になりました。

なので、東京五輪では超新星の加入が期待されていたわけです。

そして、2021年の日本代表メンバーに八村塁選手の弟・八村阿蓮選手が招集されるのではと微かな期待もありましたが、、

1歳年上の渡邊飛勇選手がパワーフォワードとして招集されています。


八村塁の弟(八村阿蓮)のwikiプロフィール

 八村阿蓮のプロフィール

  • 名前:八村阿蓮(はちむら あれん)
  • 生年月日:1999年12月20日
  • 年齢:21歳
  • 出身:富山県富山市
  • 自宅:東京都
  • 身長:198cm
  • 体重:98kg
  • 足サイズ:31cm
  • 学歴:世田谷区立梅丘中学校、明成高等学校、東海大学在学中(現在4年生)
  • 家族:ペナン人の父、日本人の母、兄の八村塁と二人の妹
    (両親は離婚していて母子家庭育ち)

小学校卒業のタイミングで東京に引っ越し、小学6年までやっていた野球と陸上をやめて、中学からはバスケットボールに転向。

入学した先はバスケットボールの強豪・世田谷区立梅ヶ丘中学校。

全国大会にも出場し活躍しています。

高校は、兄・八村塁選手と同じ明成高等学校(宮城県仙台市)に進み、抜群のリバウンド力で全国高高校バスケットボール選手権大会で優勝に導きました。

大学は、バスケットボールの名門・東海大学。Aチーム(背番号86)のパワーフォワードとして1年生からスタメン出場して2度のインカレ優勝。

東京五輪日本代表は敵いませんでしたが、2024年のパリ五輪では兄弟そろってプレーしている姿が期待されます。

渡邉雄太と大谷翔平
似てる!渡邊雄太と大谷翔平の顔や表情を画像で比較、体格も比べてみたNBAプレーヤーの渡邉雄太選手がバスケ日本代表で大活躍しています。その姿を見た多くの視聴者から「似てる!」という気づきの声があがっていま...