Hobby

Day5🔰 最短レッスン10日間でウクレレ初心者を卒業!

UKULELE

🔰 10日間でウクレレ初心者を卒業!
ウクレレ初心者の “ちゃんと弾ける” を目指します💡
今日は、Day5
ウクレレ”FDCAGシステム”の最終回です!

ウクレレのバレーコードは 5つの横動きパターンでマスター!の最終回

ウクレレ FDCAGシステム 『G』

横動きパターンの5つ目最後の「G」をマスターしていきましょう

 

ウクレレFDCAGシステムの『G』から横動きパターン

 

コード「G」は、「ソ・シ・レ」の三和音。
指の押さえ方は、
4弦:G=ソ  → 開放(押さえない)
3弦:D=レ  → 2フレットを①人差し指
2弦:G=ソ  → 3フレット②中指
1弦:B=シ  → 2フレット③薬指開

これがウクレレFDCAGシステムの『G』横動きパターンの最初の形になります。
この『G』を下の図のように横に二つ移動させます。

押さえる指は変わりますが、コードの形は同じです。
一弦の2フレットに①人差し指が現れましたが、これは「G」の一弦が開放(押さえない)= 0フレットに①人差し指と同じと考えて下さい。
①と②③④が離れているので今回はかなり抑えづらいと思います、横動きの位置だけ覚えてしまいましょう。

出発点の『G』から横に二つ移動すると「A」になりました。
C=ド D=レ E=ミ F=ファ G=ソ ▶︎ A=ラ B=シ

 

こんどは、この形の「A」から横に二つ移動してみると「B」になります。
C=ド D=レ E=ミ F=ファ G=ソ A=ラ ▶︎ B=シ

 

同じように、この形の「B」から横に一つ移動すると「C」にもなります。
C=ド D=レ E=ミ F=ファ G=ソ A=ラ B=シ ▶︎

 

= Day5 エクササイズ =

【EX.1】
指板を見ながら、ウクレレFDCAGシステム『G』から横動きパターン▶︎「A」▶︎「B」▶︎「C」を順に弾いて音色を確かめます

バレーコードの押さえる位置を確認しながら、右手の親指の腹で4弦から順番に、
音色の感じながら弾いてみましょう。
ゆっくりで構いません。

【EX.2】
指板を見ないで、ウクレレFDCAGシステム『G』から横動きパターン▶︎「A」▶︎「B」▶︎「C」を順に弾いて音色を確かめます

コード名とコードの形を完全に覚えるまで、何度も繰り返し弾いてみましょう。
音色の違いでコード名が感じ取れたら完璧です。
ゆっくりで構いません。

 

スポンサーリンク

ウクレレの基本コード「G」を深掘りします

 

「G」「GM7」「G7」の音色

基本Cコードに続いて 基本コードGの一音づつずらすメカニズムをマスター

 

二弦の3フレットから2フレットから1フレットのメカニズム

 

コード「G」は、「ソ・シ・レ」の三和音
コード「GM7」は、「ソ・シ・レ・ファ♯」の四和音
コード「G7」は、「ソ・シ・レ・ファ」の四和音

4弦:G=ソ
3弦:D=レ
2弦:G=ソ→ F♯=ファ♯ → F=ファ
1弦 :B=シ

キー(調)G の スケール(音階)の順番
1「G=ソ」
2「A=ラ」
3「B=シ」
4「C=ド」
5「D=レ」
6「E=ミ」
7「F♯=ファ♯」

[ 参考 ]
キー(調)C の スケール(音階)の順番
1「C=ド」
2「D=レ」
3「E=ミ」
4「F=ファ」
5「G=ソ」
6「A=ラ」
7「B=シ」

コードCもコードGも スケール(音階)の順番は、1, 3, 5 ですね。
これに、7(♯)を足すと「メージャーセブンス」
同じく、7を足すと「セブンス」

 

= Day5 エクササイズ =

【EX.4】
指板を見ながら「G」▶︎「GM7」▶︎「G7」を順に弾いて音色を確かめます

押さえる位置を確認しながら、右手の親指の腹で4弦から順番に弾き、
音色の感じを聞き分けてみましょう。
ゆっくりで構いません。

【EX.5】
指板を見ないで「G」「GM7」「G7」をランダムに弾いて音色を確かめます

コード名とコードの形を完全に覚えるまで、ランダムに何度も繰り返し弾いてみましょう。
音色の違いでコード名が感じ取れたら完璧です。
ゆっくりで構いません。

 

まとめ

・これで ウクレレFDCAGシステムの5パターン全て終了です
・これをマスターすると どの位置からでもメージャーコードが弾けるでしょう!
・指板上に CDEFABC、ドレミファソラシド、1234567 も意識して連勝です
・メジャー、メジャーセブンス、セブンスの展開もメカニズムで覚えられれば完璧!

🔰10日間でウクレレ初心者を卒業!
ウクレレ初心者の “ちゃんと弾ける” を目指します💡
初心者が最初にやること?と思うかもしれませんが、身に付けておくことで初心者卒業がかないます!Day6 も一緒に頑張って行きましょう!

関連記事