エンタメ

「馬と鹿」歌詞と楽曲と描画から米津玄師がタイトルに込めた意味を考える。

米津玄師

『馬と鹿』作詞/作曲 米津玄師(引用)

Cm  G#  A#       D#   A#/D
歪んで 傷だらけの春
Cm  F7    A#       D#
麻酔も打たずに歩いた
Cm G# A#      D# A#/D
体 の 奥底で響く
Cm      F7    A#   D#
生き足りないと強く
G#      D#               G7              Cm
まだ味わうさ噛み終えたガムの味
  C#     D#                 Fm
覚めきれないままの心で
  A#m      G#        G7           Cm
ひとつひとつ無くした果てに
Fm7       A#            D# D#7
ようやく残ったもの
      G#    A#               Cm 
これが愛じゃなければ
F7                  Dm7-5 G7       Cm C7 
何と呼ぶのか 僕は知らなかった
      G#    A#       Cm 
呼べよ花の名前を
  F7                G#       A#   Cm       D#
ただひとつだけ 張り裂けるくらいに
G# A# Cm G#7 G#    A# Cm      D#
鼻先が 触れる 呼吸が止まる
G# A# Cm G7  G#    A#       D#
痛みは消えないままでいい

G# A# Cm Gm7
G# A# Cm D#
G# A# Cm Gm7
A# G7 Cm

Cm  G#    A#       D#      A#/D
疲れたその目で何を言う
Cm F7  A#       D#
傷跡 隠して歩いた
Cm    G# A#          D#  A#/D
そのくせ影をばら撒いた
Cm      F7    A#       D#
気づいて欲しかった
G#      D#              Dm7-5 G7   Cm
まだ歩けるか噛み締めた砂の味
   C#       G#    Fm       D#   
夜霧で濡れた芝生の上
A#m G#   G7           Cm
逸る胸に尋ねることは
     Fm7   A#           D#         D#7
終わるにはまだ早いだろう
   G#   A#           Cm
誰も悲しまぬよに
   F7               Dm7-5  G7           Cm  C7
微笑むことが 上手くできなかった
       G#           A#             Cm        F7           G#
ひとつ ただひとつでいい 守れるだけで
A#      Cm           D#
それでよかったのに
G#  A#  Cm   G7   G#   A#   Cm    D#
あまりにくだらない願いが消えない
G# A# Cm
誰にも
G7   G#   A# D#
奪えない魂

G# A# Cm Gm7
G# A# Cm D#
G# A# Cm Gm7
A# G7 Cm

D#mA#m7 B F# Fm7 G7 Cm D7
何に例えよう 
君と僕を
Gm C7 F A# Dm7-5 G7 Cm
踵に残る 似た傷を

D#m    A#m7    B F# Fm7 G7 Cm
晴れ間を結えば まだ続く

 G# A# Cm Gm G#    A#      D#  
行こう 花も咲かない内に
       G#   A#               Cm
これが愛じゃなければ
F7                Dm7-5 G7          Cm     C7
何と呼ぶのか 僕は知らなかった
      G#    A#         Cm 
呼べよ 恐れるままに

    F7       G#
花の名前を

A#       Cm      D#
君じゃなきゃ駄目だと

G# A# Cm G#7 G#    A# Cm      D#
鼻先が 触れる 
呼吸が止まる
G# A# Cm G7  G#    A#       D#
痛みは消えないままでいい

G# A# Cm    G7   G#   A#      Cm  D#
あまりにくだらない願いが消えない
G# A# Cm G7 G# A# D#
       止まない

米津玄師が表現する『馬と鹿』タイトルの世界観

ネット上ではこのタイトルについて、数多くの考察がされています。
参考までに、ネット上のものを抜粋・要約すると、

「馬」と「鹿」を繋げた「馬鹿」から「馬鹿正直」「馬鹿なくらい正直に人と向き合うこと、真剣に人や物事と向き合った人にしか掴めないものもある」という意味

「馬と鹿」から連想し「馬鹿」の言葉の由来の馬と鹿の見分けもつかない(その間違いを押し通す)「愚かな物」という意味

富や権力の象徴である「馬」と平和や勝利の象徴である「鹿」から「どちらも高貴で神聖なもの」という意味

くっつければ「馬鹿」となり、離すとまったく別のものになることから「似て非なるもの」という意味

「馬鹿」を「馬と鹿」とすることで「泥臭さのようなものの中に隠された光や希望」という意味

「馬」の時期(富や権力を得て出世コース邁進中の期間)から「鹿」の時期(左遷されチームワーク重視のスポーツに関わり平和や協調や安寧を知る期間)を体験するという意味

高貴で縁起がいい動物「馬」、神の使い、神格化された動物「鹿」からタイトル「馬と鹿」は、高貴なもの、大切にされるものという意味

「馬鹿」の言葉の語源や由来を中国の史記の指鹿為馬(鹿を指して馬となす)やサンスクリット語、禅宗の書物、白楽天の詩による意味

どうしても語源からの考察になってしまいますが、そこは米津玄師ですから、もっと深いニュアンスがあるのかもしれません。

筆者としては、
語源「鹿を指して馬となす」と米津玄師の描画「馬と鹿」と歌詞から、

権力者の矛盾した要求(無理難題)で「鹿」を「馬」として受け入れざる負えなかったが、「鹿」を「鹿」としてしまう(諦めてしまう)のではなく、
「鹿」を「馬」のように変えてしまう(不可能を可能にしてしまう)ことに賭け、
全てを剥がされて無力の中で唯一残った人間愛の力でそれを実現していく物語。

それを象徴する偶像が米津玄師の描いた神聖な「馬と鹿」であり、この楽曲のタイトル。
という推論です。

ただ、それであれば「鹿to馬」なんですよね…
やはり、米津玄師の世界観は深いです。

描画:米津玄師

馬と鹿

(参考)
「鹿を指して馬となす」とは、中国故事による秦の趙高が鹿を二世皇帝に献じて馬であると披露すると、群臣は趙高の権勢をはばかって反対を唱えなかったという「自分の権勢をよいことに、矛盾したことを押し通す。また、人を愚弄する。白を黒という。」こと。

関連記事